魔法の言葉、雑学
どこぞの上級wikiにて26番目にポプともIDを公開した人の日々のお話とムダ知識たち。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁天様の監視下で乗るべからず!?
1日空きましたが昨日は大したことしてません、うん。

ポップンちょっとやったりした程度?
でも写真に収められるような惜しい記録すらない残念っぷり。

伸びが止まらないアクティブの人が羨ましいです。



一方で今日はちょっとしたお出かけを。

場所は自分の通っていた高校の最寄り駅。
でも別に目的地は母校ではありません。

高校時代に近くにあるのすら知らなかった公園が今回の目的地です。

確かに駅から高校に向かうのとは逆に近い方向で、滅多に行かない方角なのもありますが、噂でもほとんど出てこないぐらいなんであんまり行く人がいなかったんでしょうか?
それとも高校時代はそういうことに結構疎いほうだったからそれで知らなかっただけ?



ともかく、着いた先は一見普通の公園ですが、なんとこの公園…中央に大きな池があります。

そして大きな池と言えば、そう、ここではボートに乗れるのです。


何だ、ただのボート池か…と早まるなかれ。
最も凄いのはこの後、なんとそのボートの利用料金が













30分100円(2人で)










思わず目を疑う安さです。


※普通はボートは大体30分4~500円します




しかも閑静な住宅街の中の普通の公園のためか、人もほとんどいません。
千鳥が淵や井の頭公園のようにボートで混み合ってて、ボートを漕げばカポーに当たる、的なこともなさそうでのんびり楽しめるのがよさげです。

生憎、日差しを避けれる日陰は全体的に少なめですが、まぁこれは他のところも似たり寄ったりでしょうから気にしない事にしました。



さっそく漕ぎ出してみると、近くに第一池人…いや池カモ発見!

どうやら人工のカモ用の家というか休憩所が池の端の方に浮島的な感じで設置されてるようです。


もちろんせっかくなので突撃しましたよ。

でも何か近づいていきながら違和感を感じました。
何が変かと思ったら、そう、カモたち、一向に逃げる気配がないんです。

あれです、公園とかでよっぽど攻撃しようと思って近づかない限りは逃げようとせずに我が物顔で闊歩するハトに近い感じです。
ハトのあの図々しさが個人的には嫌だったりしますが、それと似たような印象をこのカモたちから受けたので違和感を感じたんでしょう。


さすがにでも距離1m未満になってもほとんど逃げないって…どんだけ人に慣れてるんだよこいつら…


カモゾーンを抜けた後は池の中央にある社を中心にぐるっと1周。

お、亀もたくさんいるじゃないか!


あれ…?



どうやらこちらも







逃げる気配0







のようです。

近づいていっても逃げるどころかエサがもらえるもんだと勘違いして寄ってくる始末。


あ、ちょ、そこに来たら、まずいって、ああ~…















ガンッ☆











ボートの舳先で見事に轢いちゃいましたよ、亀さんを。

さすがに減速してたんで亀さんがそのまま逆向きになってプカーとかそういう後味悪い事にはならず、びっくりして慌てて逃げてくだけで済みましたが。

人に慣れすぎると危機回避能力が衰えるということを実感しました。




その他ちらほらと鯉の姿も確認。

図々しすぎるこの池の生き物たちはなんかアレですがまぁパンのくずかなんかを持ってきたらもう少し面白かったかもしれなかったかなんて思いました。


あっという間の30分。
さすがに日差しが強すぎて(時刻は午後1時也)これ以上やってると干乾びるので30分で終了しました。



当然、料金は100円。
区はこんな所にお金をかけてて(100%赤字だろうから税で補填してるはず)大丈夫なんだろうかと心配にすらなるくらいでした。




ボートを降りた後は先ほど周りを回った池の中央にある社を覗きに。

どうやらここに祀ってあるのは弁天様のようです。





そういえば弁天様と言えば井の頭公園も弁天様を祀ってるらしいですが、何でも弁天様を祀ってる池でカポーがボートに乗ると別れるというジンクスがあるらしいです。

弁天様(女性)の怒りに触れてしまうとかなんとか。

回避するには乗った後にお参りしてお賽銭をすれば問題ないなんて話まであるくらいです。



なんかの番組で、その噂を検証してるのがあった気がするんですが、ボートに乗ったカポーのいくらかの割合は別れるのは当然の話でたまたまそういった別れ話が取りざたされるからそんなジンクスが出来たに違いないなんていってたような…

ジンクスとかを信じないわけではないですが、さすがにこのジンクスは信じてません。

だって本当なら井の頭公園のボートに乗りに来るカポーはなんだ、あれか、別れ話をするために来たのか?ってことになっちゃいますからね。





まぁその話はさておき、ボートと社参りの後は近くのカフェに。

初めて行くカフェだったんですがこのカフェ、ちょっと変わってて2階立てのうち2階部分はなんと席料があること。
そして店内の全てのもの、料理を載せてる皿から座ってる椅子、呼び鈴まで全てが売り物だということ。

なかなかこういうカフェってない気がします。



あ~、後あまりカフェそのものには関係ないというか時事ネタですが、このカフェの名前がちょっと、ね。

最近ネットでちょっとやらかして捕まっちゃった某声優もやってた劇団俳優がやってた人気アニメの役と同じ名前だったりします、ここ。

コフの方ではなく前半の方です。
まぁあんまり関係ないですが。



飲み物や料理やらはまずまずな感じ。
唯一不満だったのは2階だったのに窓際だった事で非常に暑かったこと。
あんまり涼めない、というかむしろより火照っちゃったのがあれでしたが全体的には悪くはありませんでした。

ただ場所が場所なのでそうしょっちゅう行く事はないでしょうが。






最後にもう1つ、ここに来たら行きたくなる場所がありましてそれは











たこ焼き屋さん










ここはあえて(というか今日のネタ全部別に詳しい名称書いても全然問題ない気もしますが)名前を出しますと








白川








というお店です。

高校時代から友人たちとよく行ってたお店でここが私は初めてねぎ塩のたこ焼きを出した店だと思ってます。
(銀○○とか○○○茶屋とかでねぎ塩が出始めたのはこの店で食べてから1年近くあとだったはず)

もちろんここではたこ焼きはねぎ塩をメインで食べます。

たまにキムチとのハーフにすることもありますが、特になければ大体ねぎ塩で一船。
というかキムチとのハーフは友達とかと一緒に食いに来て、二船目を食べる時ぐらいしか注文した記憶がないかもしれないw



このカリたこ(外がカリカリで中がアツアツ)のねぎ塩を食べて以来、他の所でたこ焼きを食べる事がほとんどなくなりました。

そして時たまこのねぎ塩たこ焼きが無性に食べたくなることがある。
それくらいこの味が私は好きです。





このお店、TVでも紹介された事があるそうな。

しかもなんとあの









とんねるずのみなさんのおかげでした





















食わず嫌い王決定戦




























上戸彩














が出演する際にお土産として持っていたそうです。

それほどすごいらしいです、ここの

























たい焼き





















あれっ?















ええ、このお店最初はたこ焼きだけだったんですがそのうちたい焼きやかき氷、ソフトクリームなんかもやるようになったんです。
そしたらね、上戸彩が気に入ったのは「たこ焼き」ではなく「たい焼き」だったんですよ。


お店のおばちゃん、これには苦笑いだったそうな。
うち、たこ焼きがメインだったはずなのに…って。


ちなみに紹介されたのは豆乳クリームのたい焼き。

たい焼きもいただいたことがありますが、ここのたい焼きの魅力は餡の量が非常に多い事でしょうか。
皮の端の方まで餡が詰まっていて、そんじゃそこらのたい焼きに比べたら、確実に中身は3割増ぐらいのレベルです。

で、さらに豆乳クリームというちょっと変り種(だけどこれがクリームなのにさっぱりした感じで、すごくおいしいんです)と合わさって今じゃたこ焼きよりも人気になってしまったという噂もあるほど。



この辺りに行かれた際には1度味わってみる事をオススメします。






なんか途中からただの宣伝になってた気がしますが、私の中では他人に紹介したいお店のトップと言っても過言ではないお店なので少し長めに書きました。


え?じゃせめて詳しい住所とか最寄り駅ぐらい載せようよって?

あ~、うん、えっと…ではこの辺でw
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kji92.blog85.fc2.com/tb.php/253-833b2bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。